utsu-cafe’s diary

うつと暮らす日々

世界の片隅で蹲るワープア

私は所謂ワーキングプアだ。

ワープアなりに日々を振り返ってみよう。

 

毎月の出勤日数は、およそ22日。

残業は時折あるが、月に10時間程度。

先月はエライヒトに残業を減らせと命じられたので、帳面上はゼロにした。

通勤時間は、往復で2.5時間。混んだ電車に揺られ、疲れる。

勤務時間は9時間(休憩が1時間ある)

服装は比較的自由で、仕事中の飲食や離席もある程度は許容されている。

 

給料は額面で20、手取りで16ちょっとだ。絶望的なことにボーナスは無い。

端的に計算して、9時間×22日で16万だ。

もちろん、額面ベースで計算すれば、最低賃金をわずかに超える。

だが、生活実感として手取りで計算すれば、時給は900円ちょっと。実質的に拘束される休憩時間を含めてこれだ。

※ちなみに、休憩を含めなければ800円ちょっとと、並の高校生バイト以下である。

 

生活実感で言えば、もはや死ぬしかない。

転職しろよ、という声も聞こえてきそうだが、一度精神を殺られてしまった身としては、そもそもそんな気力は湧かないし、ゆとりもない。

だいたい、もはや生きていたいと思えないからこそ、今の境遇なのだ。

 

私はワープアだ。

それなりの大学を出ながら、しかし最初の数年で精神をダメにして、死にかけの廃棄物になったところを死にきれずにだらだらと今を続けている、生けるゴミなのだ。

何らかの要因で痛みなく死ねれば、ずいぶん楽なのだが……詮ないことだ。

 

職場に付きそうだ。

死にそうな顔で、心を無にして、ただ役割を演じる。